FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不正ログインに注意!





私事ですが、先日某ネット銀行から「追加認証を一時制限しました」という
メールがあり、その内容が、追加認証での誤入力が一定回数に達したそうなのです。
そして、その発生日時が心当たりのないものだったので速攻でその銀行に電話
したところ、不正なログインがあったそうです。
しかも、ログインID+パスワードまで入力されていて、「秘密の質問」で
誤入力が一定回数あって認証が制限されたそうです。

幸いにもその時の口座の残高は0円だったのですが、お金が盗まれる以外にも、
もしログインが行われていたら、名前、住所、生年月日などの個人情報が
知らない人に知られてしまったかもしれないと考えるとぞっとします><

当然ですが、銀行のコールセンターの方からもログインID、パスワード、
秘密の質問などすべてを変更することを勧められました。

私としても、今後このようなことがあると気持ち悪いので、そのような
犯罪の被害者とならないように自衛策を考えてみました。

せっかく節約して稼いだお金やポイントを盗まれてしまったら元も子も
ありません。
この自衛策が少しでも皆様のお役に立てたら幸いです。

---------------------------------------------------------------------

☆ウイルス対策ソフトとOSのアップデートは常に最新にしておく
 ウイルスなどで個人情報が流出してしまうことがあります。
 そうならないためにもアップデートはまめに行いましょう。

☆ログインID、パスワードを使いまわさない
 金融サイトだけでなくポイントサイト、通販サイトも含まれます。 
 1つ分かってしまうと、芋づる式に不正ログインされてしまいます><
 気を付けましょう。

☆通販サイトに登録している人はクレジットカード情報を保存しておかない
 不正ログインによって高額な買い物をされてしまうかもしれません。
 面倒かもしれませんが、クレジットカード情報は毎回入力するように
 しましょう。

☆不正のサインを見逃さない
 メインのメールアドレスは最低でも1日1回はチェックし、クレジットカードの
 利用明細も必ずチェックしましょう。
 心当たりのない振り込みやログインのお知らせでいち早く対処しましょう。

☆サイトのセキュリティー対策はできるだけ利用する
 ワンタイムパスワードやお知らせメール、振込利用制限額設定などそのサイトが
 用意している セキュリティはできる限り利用しておきましょう。
 被害を少しでも食い止めることができます。

☆パスワードなどのヒントになるものを残さない
 手帳などにパスワードを書かないのは勿論ですが、SNSなどで自分のことを
 記載することでパスワードのヒントになることもあります。
 SNSをやるな、というわけにもいかない人もたくさんいらっしゃることと思います。
 自分のことに関する文字列や数値をパスワードにしない工夫も大切です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ : 節約 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。