FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い時期の食品取扱のコツ





気温が上がってきて、食品が傷みやすくなってきましたね。
少しでも食品を無駄にしないためにも取り扱いには気を付けましょうね。

●同じ商品なら消費期限の長いものを購入するようにする

特に肉類や魚類で消費期限が近いという理由で
値下がりしている商品は、保存状況により
消費期限よりも早く傷むことがあるので、
できる限り避けたいところです。
すぐに食べるということでなければ、
消費期限の長いものを選ぶようにしましょう。
値下げしていない商品でも消費期限に違いの
あるものもあります。
気を付けましょう。

また、基本的なことですが、パックに穴が
開いているとそこから雑菌が入って傷みやすく
なるので、穴が開いていないものを購入し、
家に運ぶまでパックに穴が開かないように
気を付けましょう。

●できるだけ低温で持ち帰る

買い物バッグは保冷効果の高いものを利用すると、
温度が上がりにくくなります。
また、肉類、魚類を買う時に、牛乳や豆腐、
冷凍食品など冷たいものを一緒に買って同じ
買い物バッグに入れると温度が上がりにくくなります。
それでも心配ならばお店で用意している氷などを
利用しても良いですね。


●家で冷蔵庫にしまう時にできること

肉類、魚類はできる限り冷蔵庫のチルドに入れましょう。
パックのまま入れても問題ありませんが、
発泡スチロールのトレイを外すとより冷えやすく
なりますし、多くの食品がチルド室に入ることができます。

また、食品に素手で触れると雑菌が繁殖しやすいので、
菜箸や使い捨ての塩ビ手袋などを使って食品を
取り出すようにしましょう。

食品に塩分や油分などの味付けをしてからしまう
のも雑菌の繁殖を防げるのでおすすめですよ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 節約 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。